芸能人

レーシック手術で視力回復する仕組み

目が見えるという状況は、光が目に入ってきたときに角膜が水晶体で曲がり、網膜に届き映像として見ることができます。
乱視、近視、遠視といった視力に問題がある人は角膜と水晶体との屈折の幅が網膜あたりでずれているため視界がぼやけたり、二重にみえたり、正常な映像が映し出されません。
レーシックhttp://lasik.osaka.jp/とは、このずれている幅を角膜を削って調整し、屈折が網膜にぴったり合うようにする手術です。

メガネやコンタクトレンズの場合は、レンズを使って光の屈折率を調節しキレイに見えるようにしています。
レーシックには種類があり、カンナのようなもので削る方法とレーザーで削る方法です。
角膜の一番上層部を薄く削ったあとに角膜をめくり(フラップ)ます。

めくった角膜の真ん中に矯正レーザーをあてて、角膜を薄くします。
こうすることで角膜の真ん中が凹レンズと同じ仕組になり、視力が回復するのです。
レーシックで得られる視力回復効果は、メガネやコンタクトレンズで矯正した視力とほぼ同じと言えるでしょう。

沢山の人が1~1.5以上の視力回復に成功し、メガネなしの快適な裸眼生活を送っています。
ですが視力の安定には時間がかかる人もいますので、充分に目を保護し何か不調があったらすぐに病院に行くようにしましょう。