芸能人

レーシックのデメリットとは

レーシックで快適裸眼生活を送る上でデメリットもあります。

1・手術を担当する医師の技量が違う
角膜を削ることは高度な技術が必要とされます。その技術によっても視力がどこまで上がるか変わります。

2・失敗のリスクが0ではない
失明する危険http://www.hburgpc.org/sixtupai.htmlはほとんどないと言われているレーシックですが、可能性は0ではありません。

3・過矯正でその後生活に影響が出る場合も
しっかり手術前にヒアリングができてない場合や、担当する医師http://www.gpj-expo.jp/annsinn.htmlの技術が不足していた場合、過矯正といって視力が出すぎる場合があります。

4・近視が残ることがある
過矯正と反対に矯正不足が起こることもあります。

5・視力が下がることがある
手術直後は視力が大幅に回復しても、徐々に視力が下がってくることがあります。
おおよそ手術の2%~3%の人が視力が下がる傾向にあり、元の視力が悪い人ほど可能性が高まります。

6・光がまぶしく感じることがある
角膜を削ることで光を強く取り込みまぶしく感じることがあります。
特に夜間の運転では対向車のライトがまぶしく運転に支障がでることもあります。
メリットが非常に大きいレーシックですが、少なくてもこのようなデメリットがあげられます。
あなたのライフスタイルへの影響を考えて、納得した上で手術をするようにしましょう。