芸能人

レーシックは芸能人やスポーツ選手も受けている

レーシックの安全性から多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックを受けています。
もし失明や失敗が多い手術http://www.npwa-osaka.jp/kashiwara/seikourei.htmlなら、影響力のある芸能人やスポーツ選手が受けることはないでしょう。
とくにスポーツ選手の視力になにかしら影響をおよぼすのは致命傷で、選手生命が絶たれることになります。
それでも、多くのスポーツ選手がレーシックをするのは安全性が高い証拠となります。

・野球選手
レーシックをしたことでコンタクトレンズの違和感から開放されて、「集中して試合に望めるようになった」「いつでも体を休めることができる」と声があります。

・サッカー選手
ボールとの接触や選手のボディコンタクトで衝撃をうけることもおおく、試合中のコンタクレンズは非常に危険です。
レーシック後http://www.modalitylearning.com/sekai.htmlの多くの選手が、「ボディコンタクトでコンタクトレンズが外れないか不安に思うことがなくなった」
「目を気にして集中できないことがなくなった」と体験談が寄せられています。

・テニスプレイヤー
素人には追えない高速なボールを目で捉えれ打ち返す必要があるテニスは、目への負担も大きいものです。
レーシックをしたことで「現役プレイヤーとしての寿命が伸びた」と語っています。

・芸能人
台本を何時間も読んだり稽古やロケで過酷な現場の多い芸能人もレーシックを受けています。
最近ではイモトアヤコさんがエベレスト登頂のためにレーシックを受けたのも有名ですね。