芸能人

昔レーシックが出来なかった人でも今は出来る

レーシックは比較的新しい視力矯正の方法のため、日々レーザーや技術の進歩が続いています。
始めて確率した昔のレーシックは(といっても現在も残っている方法ですが)、
マイクロケラトームという刃物で角膜を削り、フラップをめくってレーザーを当てることで矯正が可能になりました。

その次にマイクロケラトームを使わずレーザーで角膜を削るイントラレーシックが世に出てきて、いっきに現在のレーシックの主流になりました。
マイクロケラトームは、角膜を削る層の幅が深いため、もともと角膜が薄い人はレーシックができませんでした。
しかしイントラレーシックhttp://www.cpu-collector.com/fuku.htmlが出てきたことによって、昔レーシックができないと医者に診断された方でも受けることが出来るようになっています。

その他にラゼックといった、角膜を刃物やレーザーで削らない方法もあります。
角膜を削らない代わりに、角膜を専用のアルコールで浸しやわらかくします。
やわらかくなった角膜の保護膜をめくって、レーザーを当てて視力矯正を行います。

この方法であれば、イントラレーシックに向かない人も手術が可能になりました。
ただし、手術後に痛みがあり、保護用コンタクトレンズを着用する必要があります。
視力回復までにも時間が必要なため、充分にカウンセリングを受けてから選びましょう。
他の人のレーシック体験談http://www.kung-fukun.jp/2.htmlなどを、読んで参考にするのもいいかもしれません。