芸能人

レーシック手術の種類

レーシックは1種類だけではなく、様々な術式があります。
術式によって値段もピンキリですし、視力の見え方の質も変わっていきます。
レーシックの値段http://www.daremoshiranai.com/noinsurance.htmlと相談し納得いくものを受けましょう。

1・従来のレーシック
マイクロケラトームというカンナのような器具でフラップを作成し、エキシマレーザーを当てて視力を回復する方法です。
レーシック手術の中ではベーシックなもので、費用が安いものはほとんどこの術式になります。
近年はイントラレーシックが主流のため、一昔前の術式と思ってよいでしょう。

2・イントラレーシック
従来のレーシックと工程はほぼ同じですが、フラップhttp://www.axflip.com/flap.htmlを作る際にレーザーを使います。
レーザーを使うことによってより安全性が高まり精密な手術が可能になりました。
マイクロケラトームは刃物ですので、フラップの厚みにムラがあり、フラップ断面も荒くなります。
その点レーザーですと均一になめらかに削ることができるので、安全面ではレーザーのほうが上です。

3・エピレーシック
通常のレーシックより薄いフラップが作れるため、角膜が薄く通常のレーシックが受けられない場合の方法になります。
エピケラトームといった器具でフラップを作成し、エキシマレーザーを照査して矯正する方法です。
フラップの作成が医師の技量に左右され、さらにフラップが薄いため保護用のコンタクトレンズを数日間付ける必要があります。

4・ラセック
ラセックはフラップを作らない特徴があります。角膜をアルコールでやわらくし、保護部分を剥がしてレーザーを当てる方法です。
フラップを作らないため、角膜が薄い人にも適用できます。