芸能人

レーシック手術が受けられない人とは

レーシック施術は「視力を手軽に回復出来る唯一の方法」として人気が高まってきています。
ですが、残念なことにレーシックを受けるには制限があり、希望者全員が受けられるものではありません。
レーシックが受けられない人とは一体どのような方でしょうか。
レーシックを受けるためのポイントhttp://diplomaxkyoto.jp/10.htmlがいくつかあります。

1・18歳未満の人
これは18歳未満の人は、まだ成長の途中のためレーシックを受けることができません。
なぜなら、近視が進行していく可能性が高いため禁止されています。
20歳未満の場合は、保護者の同意があれば受けることが可能です。

2・角膜がもともと薄い人
レーシックは角膜の表面をめくって視力矯正をする方法です。
この角膜が薄いと表面をめくることが出来ないため、レーシックができなことになります。
この角膜の状態を確認するのが適応検査になります。

3・眼に病気がある人
白内障http://www.guitariff.com/hak.html、緑内障など、眼に病気がある人は受けることができません。
先に治療をしてからとなります。

4・妊婦さん、授乳中の人
妊娠中や授乳中の方はホルモンバランスが通常と違い、その影響で視力が変わっている場合があります。
また、術後の感染症予防のために様々な薬を処方されますが、妊婦にはその薬を使用する制限があるためです。
目の病気に関しては、まずは病院でチェックするとよいでしょう。